開設:2005.3.22.                                                 

令和3年1月

■1月1日(金曜日)晴れ
2021年が厳かに始まった。昨年の12月8日に家内が亡くなってまだ喪中である。

29日に腰を痛めて、絆創膏を張るのに大変、一人ではうまく貼れないのである。家内が生存してるときは家内に貼ってもらったから助かったが、今は一人で貼る以外ない。悪戦苦闘の末完了。意外と日常生活で一人で出来ないことが多いのに気が付き、これからどうするか考え込んでしまった。

■1月2日(土曜日)晴れ
毎年恒例の清水家新年顔合わせの日。そこには初めて家内がいない。あの苦しかった10月11月の介護さえ今は忘れかけている。静かな我が家に、大勢の声が飛び交いこの騒々しさが途絶えた時が恐ろしい。

■1月3日(日曜日)晴れ
ひとり暮らしになるとお正月なんて何の意味もない。ただ、普通の生活が過ぎて行くだけで、洗濯をして、食うための準備をして、時々散歩をして、無味乾燥な時間が流れていく。
家内が認知症になって、ここ数年日にちの確認するため日めくりカレンダーを使っていた。今年も当然使用するためネット通販で購入していた。


今となっては使用する意味がなくなってしまった。
我が街も新型コロナ第3波が猛威を振るっていて、外出さえままならぬ状態、感染防止対策は不特定多数の人たちと接触しないことが一番で、この歳になって引きこもり生活である。

■1月4日(月曜日)晴れ
家内の四七日長男の嫁さんと孫2人がお墓参りに来てくれるというありがたい事だ。私一人お墓参りしても家内が寂しがるだけなので、喜ぶことだろう。
家内の部屋にあった日付確認のための時計を私の部屋に移した。
家内が亡くなって、持ち物の整理をしなければならないのだが、何もやる気が起きないのである。持物を一つ一つ見ていると元気
だった頃の家内を思い出して、やりきれない気持ちになってしまうのである。
同級生で奥様を亡くされた友から電話があった。「忘れられえるのは三回忌が過ぎてからだよ!」と言われ、私は三回忌が過ぎても忘れられないのではないかと思っている。ここ一か月は泣き虫爺である。
夜になって、長女の嫁入り先のおじいちゃんおばあちゃんとLINE VIDEOで21年ぶりに話した。お二人ともお元気そうでなにより、純子が亡くなってのお心遣い本当に感謝である。


■1月5日(火曜日)曇り
今日はかかりつけ医の定期検診の日、今、深谷市は新型コロナ感染症の第3波が拡大しているので薬だけにしよう。外部に薬の窓口があるので誰とも接触せずに薬がもらえて危険回避出来るのだ、出来るだけ不特定多数の人と接触しない方が身の安全だと思っている。

■1月6日(水曜日)晴れ
53年間一人暮らししたことがなかったが、去年家内が他界してから一人暮らしが続いて未だになれないでいる。LINE VIDEO電話で孫たちと話しながら、家内がいないことを確認してはいるが・・・・・
家内を医者に連れて行った帰りに、荒川の植松橋を車で通過すると家内は「ここは田舎だね~」という言葉が口癖であった。また、私が家内を支えながら家の廊下を歩く時、「純子頑張れ!純子頑張れ!」と自分を励ましながらトイレに行ったのを思い出してしまう。一生懸命生きた家内を私も一生懸命介護したと思っているが、もっと温かい言葉をかけてあげればよかったと反省している。
午後、市役所で戸籍謄本や住民票をとって、年金事務所に郵送して手続き完了した。その帰りに家内が3年通ったK整形外科に私の腰のリハビリで行き、家内が亡くなったことを報告した。昨年末寝られないほどの腰の痛みだったが早く治ってほしいものだ。

■1月7日(木曜日)晴れ
今日は予定なし、自宅でのんびりネットでもしよう。

■1月8日(金曜日)晴れ
松の内が終わり普段の日常が返ってきたが、正月も大みそかもない我が家であった。
今、深谷市は新型コロナウイルスの第3波が猛威を振るう緊急事態であり、できるだけ外出を抑えるようにしている。糖尿病と高血圧症の私に感染したら重症化するのは間違いないだろう。
夕食は家内が大好きだった海鮮鍋を作ったが、一人で食するにはあまりにも多すぎてしまった。

祭壇に向かて「婆ちゃんいっぱい食べてね!」と言っても一向に減らない。糖尿病のじいちゃんおなか一杯はちきれそう、一人暮らしって糖尿病にはよくない。

■1月9日(土曜日)晴れ
5時ころトイレに行って手を洗おうとしたら水道が氷って水が出ない。一級の寒波が下がってきてるようだ。パソコンの部屋に至ってはマイナス3度という寒さ、ホームページ編集を手早く処理し、引き下がることにした。
午後、pal生協さんが注文用紙を届けてくれた。

新型コロナウイルスの第3波が深谷市で猛威を振るっているので生協に入会して買い物をすることを選んでいたのです。いよいよ1月15日から注文できる体制になった。これで一安心。

■1月10日(日曜日)晴れ
毎日寒い日が続き思うように散歩ができないで困っている。また、新型コロナウイルスの第3波の影響で外出を自粛して引きこもり状態、ストレスが溜まってしまう。

午後屋敷周りを見ながら歩いていると、湯沸かし器から洗面所に行くパイプから漏水してるので、修理依頼をお願いしたが、水道管の破裂が多くすぐにはいけないというので仕方なく湯沸かし器の元栓を閉めて修理待ちをすることにした。そして、外部に出てる水道管をすべて保護した。、
築48年もたった我が家の給排水関係は一新しないといけないのだろう。去年の8月の水洗トイレ、9月の流しの配管の腐蝕と続けざまにトラブルが起きている。建物もそこに住む人も耐用年数を超えてしまったようだ!
、、
■1月11日(月曜日)晴れ
いや~!寒い。異常気象なり、こんな寒い冬って近年なかったような気がする。北陸地方は大雪で高速道路も大変らしい。

今日は家内の五七日の日、花束をもってお墓参り。この寒さで花差しが氷ってしまって前に挿した花が取れず困った。家から持参した水を入れ花を挿した。「そっちはどうだ!、こっちは寒いぞ!三途の川をわたるまで頑張って歩け、そうしたら爺ちゃんや婆ちゃんに会えるからな!」と声をかけながらお線香をあげた。

午後になって、昨日お願いした水道管補修にK鉄工所さんが来てくれた。何10件もの水道管の破裂があって大忙しらしい。これで瞬間湯沸かし器が使えるようになった。補修してもらったところを毛布で保護して2度と破裂しないようにした。

■1月12日(火曜日)晴れのち曇り
今日もかなりの寒さ、彩の国いきがい大学校友会で大活躍したT氏に電話した。糖尿病と白血病で人生をあきらめているのだ。家内をなくした私の死に対する考え方を話しながら前向きに生きれば人間の身体は治癒力があるのだから必ず良くなると話した。、
そして、T氏の元上司であったS氏に電話してT氏の状況を話した。その後、家内のの話になって、私自身涙が出て仕方がなかった。電話の向こうで泣いているS氏を感じ、私もまた涙、一緒に泣いてくれる友がいることは本当に幸せだと感謝している。、

■1月13日(水曜日)晴れ
相変わらず寒い!ポストに新聞を取りに行ったらポストが凍り付いていた。

これではお墓の花も凍っているに違いない。午後暖かくなったら散歩がてらお墓を覗いてみよう。毎日、長女や長男、孫たちとLINE VIDEO通話で癒されている。
前から、晩酌をしてお風呂に入るとヒートショックが起きやすいので注意するようにと子供たちに言われていたので、今日から夕食前に入るようにしてみた。意外と風呂上がりのビールのうまさに病みつきになりそうである。

■1月14日(木曜日)晴れ
今日は朝3時ごろ眼が覚めて、寝よう寝ようと努力したが寝られず起きてしまった。暖かな日なので久しぶりに散歩。毎日6000歩を目標にしているが寒いとついおっくうになってさぼってしまうのである。しかし今日は無風の快晴、調子に乗って疲れた。階段に腰かけて休んでいると、私の寂しそうな影が芝生の上に映っているではないか!

なんともわびしい姿。気を持ちなおして歩け歩け再開。帰る途中の案内板に我が家の屋号を紹介している。

昔、荒川に船を浮かべて粉を引いていたらしい、「竹ノ内」という屋号である。ひと昔前の荒川は水量が豊かで我が家の裏は人の背が立たなかったと死んだ長老に聞いたことがある。秩父から江戸に材木を運ぶ筏師の宿をしてたらしい。こんなことを話す人ももう一寸でいなくなってしまう。

■1月15日(金曜日)曇り
昨日の睡眠不足で昨夜は朝5時まで熟睡、人間の身体って良くできてるものだと思う。いよいよ今日からPAL生協を使うのだが、ど~もカタログ発注が難しい、慣れるまで無駄なものを買ってしまうような気がする。
午後、恒例の散歩いつものコースを歩いていると、2歳くらいの女の子とお母さんらしき女性が砂遊びをしていた。半世紀前の我が家の風景を見てるようであった。歩いているといろいろな風景に出会う。また楽しからずやである。

■1月16日(土曜日)晴れ
家内の49日法要が近づいてきた。あっという間に時が過ぎて行ったような気がする。最後なのでお寿司でも取って、お婆ちゃんのことを思い出しながら大いに食べ大いに飲んでお別れしようと思う。
昨夜は何故かお酒がききすぎて、夕飯を食べながら寝てしまう始末、食事もそこそこに布団に潜り込んだ。朝6時になって目が覚め、昨夜は何だったのだろうと振り返っている。

■1月17日(日曜日)晴れ
月曜日は商店が休みなので花屋さんへ行って明日のお墓参りの花を買っておこう。

■1月18日(月曜日)晴れ
家内の六七日、お墓詣り。一人暮らしになって話す相手がいないのでひとり言が増えた。周りの人が見たら変な爺さんとしか見ないだろう。

■1月19日(火曜日)晴れ
昨年、家内の入院先病院へ行く途中での信号無視違反の高齢者認知機能検査で、埼玉県鴻巣免許センターに呼び出された。

早朝7時30分に鴻巣に向かって自動車にて出かける。新型コロナウイルス感染症の第3波が拡大の緊急事態宣言を忘れてるような蜜状態の埼玉県鴻巣免許センター、これでは一向にコロナ感染症も治まらないと思った。

(認知症テストの4F集合場所、一日5回20人~25人で実施とのこと)
9時10分よりテスト開始。まず今日は何月?何日?何曜日?から始まり、16の絵を記憶させ試験の途中で書き出させる問題、羅列した数字の指定された数字を消す問題、時計の図を書かせて指定の時間を針で表示、である。
記憶させられた16の絵を書き出す問題はさすがに8しかできなかった。ヒントをもらって14であった。以前に比べて記憶力は落ちているようだ。

86点でパス。やれやれ!

■1月20日(水曜日)晴れ
本日予定なし、一日パソコンに向かってネットサーフィンでもするか!
午後、満福寺へ家内の49日法要の塔婆をお願いに行ってきた。

「もうすぐ洋子さんや純子のお父さんやお母さんに会える。積もる話しで尽きないだろうが私のこともよろしく言ってくれ」とお墓で手を合わせた。
そして、会食用のお寿司を「栄寿司」にお願いした。 応対に出た息子さんが「あの高橋本屋さんにいた人?」と驚いていた。

■1月21日(木曜日)晴れ
いや~ 今朝は寒い!顔を洗おうと湯沸かし器を点けて洗面所に行ったが、全くお湯が出ないので使い物にならない。この間のように湯沸かし器から洗面所までの水道管が凍ってしまったのだ。外の洗い場に行ってみるとバケツの水が凍ていた。

早く暖かくなってもらわないと83歳の体には堪える。 余りにも寒いとこたつに潜り込んで何もやる気が起きない。そのため、どんどん糖尿病が悪化してるような予感。困ったものだ。
午後になって、家内の中学高校時代の親友のKさんから49日法要に際し温かいお言葉を頂き、その上花束を贈ったとLINEで御連絡を頂いた、

(頂いたお花、きっと亡くなった家内も喜んでいるだろう)
家内は素晴らしいお友達に囲まれて青春時代を過ごしたのだと改めて感じ、感謝!感謝!である。。

■1月22日(金曜日)晴れ
PAL生協から初めて注文した商品が届く日。なんと発泡スチロール箱で6個もあるので注文を間違えたのかとびっくりした。箱から出してみると意外と少なく一安心。
これで1週間買い物に行かなくても食うには困らない。

■1月23日(土曜日)雨
家内の49日の法要、朝から空が泣いている。子供たちと孫たちで厳かに三途の川を渡った家内を送ってあげた。今日からは仏となって仏壇の上段に鎮座している。

和服が好きだった家内の着物を子供たちに分けてあげようと言ったら着付けもできないし着物は着ないと断られてしまった。仕方がないので子供会の資源ごみにでも出そうかと思っている。

■1月24日(日曜日)雨
昨日で家内の葬儀の一区切りがついた。これから一人暮らしをどう生きていくか考えなければならないがどうなる事やらである。外を見れば昨日から雨模様、家内のために天が泣いてくれたのだろう。
家内の介護という重圧から解放されたが、心の中に寂しさだけが残された。それを早く克服しなければならない。そうすればまだ何年かはこの世にいられると思っている。

■1月25日(月曜日)曇りのち晴れ
今朝、1時半ころ眼が覚めてしまって、寝ることもままならず起きてしまった。かなり情緒不安定になってるようだ!
この間、水道管の破裂を修理してもらったK鉄工所さんに代金を支払っていないことに気づいた。春になったら除草剤散布機や耕運機や刈払機のメンテナンスをお願いするので、今日払いに行こう。
午後、小春日和なので久しぶりに散歩、我が家から川沿いに歩き植松橋の下をくぐり、国体で使用したグラウンドゴルフ場を一周し5,300歩歩いた。いやあ~疲れた。

橋の下をくぐりながら認知症の家内が医者の帰りに植松橋に差し掛かると「ここは田舎だね~」といつもつぶやいたのも過去の話になってしまった。
確かに家内の生まれた台東区下谷からしたら田舎に見えたのだろう.

■1月26日(火曜日)晴れ
1日24時間のうち6時間は睡眠、残りの18時間を時間つぶしに苦労してる日々、目標もなく、ただ、だらだらと時の過ぎるのを見送っているだけのような気がしている。

(今は本人より大きく地に根を下ろしたじいちゃんの影)
社会のために役立ってるわけでもなく、人のために役立ってるわけでもない。そんな毎日、時間が過ぎるのをただひたすらつぶしている。笑顔もなく、ワクワクすることもなく、引きこもってる。

■1月27日(水曜日)曇り
午後になって中学の同級生から電話で1時間も長話、やはり誰かと話すとホットする。
いろいろ話題が出てその中にOさんの話が出た。埼玉大学に行って教師になったのは記憶しているが65年も連絡をとっていない。思い切って電話してみると元気な声で電話に出てきた。最初はどこのだれかわからない様子であったが共通の話題をだすと思い出してくれた。
一緒に短い青春を過ごした仲、うちとけるのに時間はかからなかった。これから電話してもいいかと言ったら。大いに話そうという言葉が返ってきた。ありがたいことだ。
今晩の夕飯のおかず、一時食欲がなかったが、やっと食えるようになってきた。

(クリックすると拡大します)
男の料理見栄えは良くないが、味付けは絶品と自負している。家内がいれば「お父さんおいしいね!」といってくれただろう。

■1月28日(木曜日)曇り
今朝も3時に起床してしまった。最近睡眠時間が短くなったような気がする。

■1月29日(金曜日)晴れ
昨夜は誰ともビデオ電話せずに8時半に寝てしまった。前の日の睡眠不足の反動が来たようだ。

■1月30日(土曜日)晴れ
いや~寒い!早く暖かくなってほしいものだ。
昨日PAL生協の配達日、おやっと思うほど野菜が多いのに気が付いた。ウサギ的食生活になりそうである。夕ご飯は生協の牡蠣土手鍋セットをしてみた。とにかくおいしい。家内はまったく牡蠣を食さなかったが、「ごめんなさい!」。
セット物は食材がすべてセットされてつゆまで入ってる、レシピに沿って作れば簡単においしく頂ける優れものなのである。これから冬の間は1週間2回くらいは鍋セットでもよいかと思う。

■1月31日(日曜日)晴れ
今日、熊連協のWebAdovisorの返上日、執行部から何も言ってこないがどうするつもりなのだろう。
ここ3年くらい会員の減少に歯止めがかからない。今の独断と偏見の運営を進めたら、ますます会員の減少が加速するように感じてならない。