開設:2005.3.22.                                                 

令和3年4月

■4月1日(木曜日)曇り
今日はエイプリルフールなのだが、家内が他界して大ウソを言って驚かす相手もいない。
明日、長女一家(長女は仕事で来られない。)が泊まりに来るという。長女が結婚して我が家に泊まるのは家内の介護で長女が2日間泊って以来3度目であるが、婿さんと孫達が泊まるのは初めてである。午後、何年も使っていなかった布団を干した。

きっとかび臭いに違いない。匂いが抜けてくれればいいのだが・・・・・

■4月2日(金曜日)曇り
今日と明日はは盆と正月が一緒に来たような騒々しい日になりそうである。

■4月3日(土曜日)曇り
昨夜は飲み過ぎてしまって、二日酔い何もする気力なし。

■4月4日(日曜日)曇り
昨日一昨日とにぎやかだった我が家、今日から、静寂な我が家に戻ってしまった。なぜかまったくやる気が起きない。どうしたのだろうか?

■4月5日(月曜日)曇り
長女から、一昨日の夜、爺ちゃんが酒によって婿さんに言いたい放題言ったらしい、と連絡あり。しかし、全く爺ちゃんの頭の中に記憶がない。きっと心の中で何十年抱えてきた鬱憤が酒の力でしゃべらせたのだと思う。
家に帰って大声で怒鳴り散らし大荒れだったらしい。孫たちにお詫びのメールを書いたら、「爺ちゃんの言ってることは間違ってないから気にすることはないよ!」と言うのだが、「言ってはいけないことを相手に対して口にしてしまったバカな爺ちゃんでごめんなさい」とお詫びた。
人間はあらゆるステージで守るべき基準があると思う、この基準をわきまえない人間は失格だと思っている。しかし、娘が愛してしまったのだからこらえようとしてきたが、何十年の婿の行動が頭の中に積りに積もっていたのが酒の勢いで切れてしまったらしい。大人になりきれない婿あわれと思うが聞く耳がない。
人を屈服させ支配しようとする婿、周りの人たちが嫌ってることさえわからず、裸の王様と言っても過言ではない。 しかし、一生気が付かないだろうと思うと哀れささえ感じる。

■4月6日(火曜日)曇り
身から出た錆とはいえ、毎日寒々しい日々の中落ち込んでいる。「口は災いの元」と昔の人はいったけれど、今まさに実感している。 Lineで娘婿にお詫びを入れたのだが、完全に無視された。言ってはいけない事を言ったのだから仕方ないと爺は思っている。

■4月7日(水曜日)曇り
「嫌いなものは嫌い」なんだから、喋ってしまった事は仕方がない。いつまでもクヨクヨ考えていても馬鹿らしいので、きっぱり忘れることにした。
気を取り直して、今日から屋敷内の草刈り。

今のような生き様、いつ死んでもいいのだが、まだまだ、慕ってくれて必要と思ってくれてる仲間が大勢いるので、熱中症にならぬよう、脳梗塞で倒れないよう、低血糖で倒れないよう、だましだまし作業する事にした。
隣組のT・Sさんが神社の歳費を取りに来て、「地下足袋はいて頑張ってるね!」と驚いた様子だった。爺より1年先輩でこの地域の最長老で「足が悪くあまり元気がないがまあまあ生きてる」と言ってた。
2時間の草刈り屋敷内の4分の1が終わった。
ケアハウスに入ってる姉から電話があった。死後の処理についてどうしたものかと言う相談だった。まず遺言を書いて実印を押した文章を書き、施設長さんにでも預けたらと言っておいた。わが兄弟も皆高齢風運急を告げる年になってしまった。

■4月8日(木曜日)晴れ
昨夜は一年ぶりの草刈りで疲れたのか9時間も爆睡してしまった。5時半にすっきりした気分で目覚めた。左腕が昨日の草刈りの影響で痛くて上に上がらないので休養の日にした。明日は頑張ろう。
近々、子供会の資源ごみ回収があるので家内のブラウスやズボンを出そうと思うのだが整理するには思い出がいっぱいでかなりの決心がいる。思い切って整理を始めよう。

■4月9日(金曜日)晴れ
午前中、孫のKにプレゼントするパソコンがマウスコンピューターから届いた。

明日、長男がとりに来るとのこと孫の喜ぶ顔が見たいものだ!
大きな決心をして本人が爺ちゃんに電話くれたときは本当に嬉しくなってしまった。これから自分の人生設計を考えながら少しづつ勉強してほしいと思っている。爺ちゃん生きている限り応援したい。

■4月10日(土曜日)晴れ
最近は全身倦怠感で朝起きられないことが多くなった。高齢の身体は日々刻々と状況が変わるのだと感じている。どうしたものかと思っているが、相談する相手もいない。はなぶさ苑のOケアマネジャーさんにでも相談相手になってもらおうかと思いついた。
ソメイヨシノは散ってしまったが、我が家の八重桜はこれからが満開。

「婆ちゃん長男の中学卒業記念樹の八重桜が満開になるよ!見に来れば?」
昨日、マウスコンピューターから到着したパソコンを孫と長男と嫁さんがと引取りに来た。
また、娘の孫が去年大学に入ってのだが 、入学祝をあげていなかったことに気づき本人に何が欲しいかと聞いた結果、おばあちゃんのノートパソコンを借りてるのでノートパソコンが欲しいと言ってきた。
早速、パソコンを申し込んで今日届いたらしい。大変喜んでいたので爺ちゃんほっとした。ここ1ヶ月で2台もパソコンを買ってしまったことになる。しかし、孫たちが喜んでくれて頑張ってくれればこんなうれしいことはない。

■4月11日(日曜日)晴れ
今日も朝から草刈り!、季節は春の真っ只中だが、爺ちゃんの心の中は木枯らしが吹きすさんでいる。

■4月12日(月曜日)晴れのち曇り
明日から雨模様になりそう。今日も屋敷内の草刈り、春草は一雨ごとにゾックりと生えるので大変、もちろん大きく育ってしまうとナイロンコードでは刃が立たなくなってしまいスティール刃に変えなければならなくなってくる。その交換も老齢には面倒である。なぜか最近は物臭爺さんである。しかし、自分でやらなきゃ~誰もやってくれない。
ナイロン刃の交換に1時間もかかってしまった、その上腰を痛めて座るのも大変、シップと痛み止めで何とか動いている
今日の夕食


■4月13日(火曜日)曇り
久しぶりに熊連協ホームページ勉強会、

熊谷市民活動支援センターまで足を運んでみよう。昨年度の内紛で会存続の危機であったが何とか持ちこたえたようである。会員減少の歯止めがかからず今年度の会員数は何人くらいになるのだろうか?
まずは、コロナウイルス感染症が沈静化されない限り、会員活動もままならぬであろう。

■4月14日(水曜日)曇り
屋敷内の草刈り。一向にはかどらないが、「俺がやらなきゃ~誰がやる!」の心境で自分を励ましている。なんせ、45CCの排気量の機械なので重く、腰痛での草刈りはかなりキツイ作業だ。